Slider

なぜ今、セントラル浄水なのか?

水道水はそのまま飲んでも大丈夫?

厚労省が定める日本の水道法では、給水栓において遊離残留塩素が0.1mg/L以上であることが義務付けられていますが、残留塩素は時間とともに減少する性質があるため、供給水が塩素剤注入を行なっている浄水場を出る際には少し多めの残留塩素となるように設定してあるので、浄水場近くではmg/Lほどの濃度で、各家庭の蛇口では平均して0.4~0.8mg/Lほどの濃度になります。
これぐらいの残留塩素量くらいであれば、そのまま飲用しても体内の胃酸によって胃酸自体の主成分である塩化水素と同化してしまうため、味や臭いはともかく、飲食による水道水の残留塩素量自体はそれほど問題ではありません。

では水道水にまったく問題はないの?

水道配管内の汚れや雑菌を塩素消毒しながら流れる際に、トリハロメタンという発がん性物質が副生成物として発生しますが、総トリハロメタンの残留濃度は基準値の0.1mg/L以下に管理されています※1。
その残留塩素量は、経口(飲食)による接種の場合、体内の胃酸によってほぼ人体に直接の影響はなくなりますが、お風呂や洗浄式トイレでは、直接皮下吸収する上、肛門や女性のデリケートゾーンの粘膜には角質が存在しないため、直接吸収される事により血管内へ水道の残留塩素やトリハロメタンが侵入する事になります。

※1 次亜塩素とは

上水道やプールの殺菌に使用されている。
漂白剤や殺菌剤などの高濃度の次亜塩素水溶液と、塩酸などの強酸性物質(トイレ用の洗剤など)と混合すると、黄緑色の有毒な塩素ガスを発生する。
欧州連合のハザードシンボルでは、環境への危険性(N)の表示が義務付けられている(浴室洗浄剤や漂白剤、家庭用洗剤などの主成分)。

※2 トリハロメタンについて

水道水の水源のほとんどは河川であり、その河川の汚れが高いほど多くの塩素を投入するので、それだけ多くのトリハロメタンが発生してしまいます。
日本では総トリハロメタンの残留濃度に対して厚生労働省によって0.1mg/L以下という水質基準が設けられています。
そのトリハロメタンの中でも特に害があると言われているのがクロロフォルムで、その水質基準は、日本では0.06mg/L以下・WHOでは0.2mg/L以下となっています。

化学物質の吸収率と排出率

図は体の各部による化学物質等の経皮吸収率の比較ですが、陰部が突出して吸収率が高いのが解ります。
さらに角質が存在しない粘膜部分(口の中、肛門内部、膣内部)、経皮性(呼吸による肺からの吸収)の化学物質の吸収率はこれを上回ると言われています。
また、経口吸収は90%が肝臓で代謝酵素により分解排出できるのに対し、経皮吸収では排出率は経口吸収の90%に対し10%程度と言われています。

カサカサ肌・アトピー・パサパサ髪の原因

また、残留塩素によって肌や髪のタンパク質を酸化させ表面に、シャンプーや石鹸に含まれる界面活性剤が皮膚や吸着する事によりカサカサ肌になり、過敏な方は痒みや痛み、アトピーの原因となります。

セントラル浄水による除去物質

消毒目的で投入される次亜塩素の残留塩素※2。
配管内の汚れや雑菌を塩素消毒する際に発生する副生産物で発ガン性物質のトリハロメタン、赤錆、有機物、重金属(鉛、ヒ素、農薬等)その他。

よくあるご質問 FAQ

Q1.セントラル浄水器の価格はどのくらい?
A1.本体価格はメーカ-や機種、スペックにもよりますが、だいたい25万円~50万円
別途取り付け工事が基本工賃で3万5千円程度かかります。
Q2.フィルターの交換時期はどのくらい?
A2.おおよそ一年ですが、処理する原水に含まれる物質の含有量により多少の前後は御座います。
Q3.セントラル浄水器は引っ越し時に移動できますか?
A3.勿論です!但し、取り外し現状復帰および、引っ越し先への新規設置工事費用が別途かかります。
Q4.マンションやアパートにも設置は可能ですか?
A4.可能です!但し、配管の取り回しやスペース上取付できない場合がありますので事前に下見調査してご報告いたします。
また、管理組合や大家さんの承諾を得る必要があります。
Q5.新規の取り付け作業はどのくらいの時間が掛かりますか?
A5.余程困難な作業で無い限り、およそ半日で取付が可能です。
PAGETOP
Copyright © 株式会社km.Engineering All Rights Reserved.